• ホーム
  • ラシックス服用時に起こる副作用や注意事項

ラシックス服用時に起こる副作用や注意事項

薬を飲む女性

ラシックスはネット通販でも購入出来る利尿剤で、体に水分が溜まっている人にとってはむくみが解消されることで体重減少効果もあります。
通販購入以外でも病院などで一般製剤としても使われており、治療では高血圧症・悪性高血圧・浮腫(心性浮腫・腎性浮腫・肝性浮腫・末梢血管障害による浮腫)・月経前に起こる緊張症・尿路結石の排出などに使われています。

そのほか、めまいの症状が水分過剰によって生じている時にはラシックスが応用的に処方されることもあります。
成人では1日40~80mgを連日or隔日で経口投与します。
腎機能不全の場合には大量に使わないと効果が出ないので、大量に使われることもあります。
用法や用量は年齢や症状、また体重などによって異なるので、個人判断で使うのは危険です。
利尿効果が高いので、副作用の危険性があることは前もって理解しておきましょう。
主な副作用として、脱水症状・喉の渇き・脱力感・めまい・血圧が下がりすぎるなどの身体症状が現れることもあります。
特にラシックスの服用を開始した当初には、喉の渇きが激しくなり、余計に水を飲んで浮腫が悪化してしまう可能性もあります。

さらに怖いのが電解質失調で、血液中のナトリウムやカリウムの量が激減することで、脱力感・喉の渇きが起きることもあります。
稀な副作用としては、尿酸値の上昇・耳が聞こえにくくなる、などが現れることもあります。
以下のような重篤な副作用は滅多に起こらない例ですが、一応注意が必要です。
ショックやアナフィラキシー・血液成分の異常・皮膚や粘膜の障害・不整脈・腎臓疾患などです。
通販でも気軽に買えるだけに、個人的に使う際には副作用も理解した上で安全に使うことが必要です。

関連記事
血圧が高いと起こりやすい症状 2019年10月05日

高血圧を放置してしまうのは恐ろしいことです。高血圧を放置すると、段階的に動脈硬化、心臓病や脳卒中などが起こりやすくなります。最悪の場合にはそれが原因で死亡してしまう危険性もあります。そもそも血圧というのは、血液が血管を通る時に血管にかかる圧力のことです。常に高い血圧がかかり続けていると、血管にとって...

ラシックスの高血圧以外の治療効果 2019年09月18日

ラシックスは降圧剤として作用する以外に、浮腫み解消にも効果を与えてくれる薬です。通販でも購入可能で、全身の浮腫みに対して作用します。ラシックスの利尿効果は他の利尿剤と比べても高く、早い人だと服用から約30分で効き目が出ます。尿量が減るということは、それだけ腎臓で作られている尿が少ないということです。...